So-net無料ブログ作成
  うなぎ ブログトップ

名古屋栄 ひつまぶし 「いば昇」 [  うなぎ]

名古屋で遊んできました。じつは見所って少ないですね…

それはさておき、またまた「ひつまぶし」です。
今回の目的は、名古屋で双璧といわれるお店を制覇するためですね。
前回は「あつた蓬莱軒」、今回は「いば昇」です。

この2店の大きな違いは、お茶漬けにあります。
蓬莱軒は出汁でいただきます。
いば昇は本物のお茶です。
その他の違い、食べ方は一緒ですね。

いば昇は、全体的にタレが薄めですので、別途追加用のタレが出てきます。
お茶漬けの時にもうチョットって時に重宝します。
そしてお櫃が全員分まとめて出てきます。
ココは好みが分かれるでしょうね~
デカイお櫃で出てくるのが、本来のひつまぶしの姿なのですが…
さらにチョット不満でもあるのですが、ワサビと薬味が少ない!
もちろん、おかわり出来るので心配はありません。

結果としては、どちらの店も美味しかったです。
濃いめでしっかりしたお味が好きな方は → 蓬莱軒へ
サッパリ系が好きな方は → いば昇へ
こんな感じでお店を選べば間違いないでしょう。

後は地元の人達が行くDEEPなひつまぶし屋に行ってみたいですね。
誰か教えてくれませんか?



「いば昇」
住所 愛知県名古屋市中区錦3-13-22
電話 052-951-1166
営業時間 [昼]11:00-14:30
       [夜]16:00-20:00
定休日 日曜/第2・3月曜
アクセス 地下鉄栄駅1番から200m

☆☆☆☆.5 : 僅差で…


名古屋矢場町 ひつまぶし 「あつた蓬莱軒」 [  うなぎ]

本年度出張シリーズ千秋楽を飾るにふさわしいメニューで締めくくります。

数年前の旅行の時に初めて食べたんですね。
うなぎの食べ方も、味も衝撃的でしたね。
絶対もう一度訪れて食べてやる~って思ってました。
ソレが出張ついでに実現するなんて願ったりかなったりですな!
そう「ひつまぶし」です。

年季の入ったおひつ

コノ年季の入ったおひつが歴史を感じさせます。
以下HPより引用。

-ひつまぶしの由来-
 明治末期お座敷にて、大きなお櫃でご飯の上に鰻をのせたモノを、
 女中さんが小分けにしてお客様に召し上がっていただいたのが「ひつまぶし」の始まりです。

なんだそうです。

ではいただきます。
まずはですね、お櫃の中を4等分にして、
壱膳目をそのままでいただきます。うんまい鰻重ですね。
弐膳目を薬味(葱・海苔・わさび)でいただきます。わさびが鰻に良く合う。
参膳目をお茶漬けでいただきます。タレとダシの絶妙なハ~モニ~。
四膳目はお好きな食べ方で。今回は薬味でいただきました!!

マヂで美味いから名古屋に行ったら必ず食べてください。
他の名物は食べなくて良いから!

でもね残念な点が2点ほど…
まずはお吸い物が「肝吸い」じゃないのです(T_T)
そして、コレを食べると低級な鰻が臭くて食べれなくなるのです。
決して子供には食べさせてはいけません。
贅沢なお子さんになってしまいます。

「あつた蓬莱軒松坂屋店」
住所 愛知県名古屋市中区栄3-16-1 名古屋松坂屋本店南館10F
電話 052-264-3825
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 不定休 (松坂屋に準ずる)
アクセス 地下鉄名城線矢場町駅 徒歩1分
HP http://www.houraiken.com/

☆☆☆☆☆ : うなぎ料理で一番!


新安城 うなぎ 「かねぶん新安城店」 [  うなぎ]

最後の出張ウィークの戦利品です。
お祝いじゃないけど、一つの仕事が完了したので
うなぎ食います!

このお店、会社の先輩の奥さんからの情報で
美味いと噂されてるお店らしいです。

店構えはいかにも老舗っぽい感じで、良い感じ。
うなぎだけに店の前から煙がバンバン!
食欲を刺激しまくり。

入り口のすぐ脇で、備長炭で焼いてます。
焼く前の生のうなぎが見えてしまうので、あまり見ない方が良いかも?

2段のお重!


今回は鰻重の松を注文。
うなぎ屋さんはたいていそうだと思うんだけど、
焼くのに時間がかかるせいか、注文から出てくるまで
かなり待たされるので、忍耐力?が必要ですね。

で、お重が2段で出てくるんですよ。
うなぎとご飯と別々に。
コレは「カリッ」と焼いたうなぎを、ご飯でシットリするのを防ぐためなのかな?

タレは濃いめでカリッとしたうなぎに良く合う。
ご飯も柔らかすぎずオレ好み。
お吸い物にもキチンと肝が入ってます。
なかなかの出来ですよ。

関東のうなぎは蒸してから焼くので、ふんわり柔らか。
コッチのうなぎは生から焼くので、カリッと香ばしい。
好みが分かれますな~
オレはどっちも好き。あなたはドッチ派?

「かねぶん新安城店」
住所 愛知県安城市今本町4丁目10-18
電話 0566-98-4649
営業時間 不明
定休日 不明
アクセス 名鉄新安城駅から歩いていくとチョット遠い…
HP http://gourmet.yahoo.co.jp/0001829344/0005542849/ktop/

☆☆☆☆ : カリッと香ばしい。


  うなぎ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。